コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 市政情報 > 統計・資料室 > 調査・アンケート > 2019年経済センサス-基礎調査にご協力ください

2019年経済センサス-基礎調査にご協力ください

更新日:2019年05月14日

経済センサス-基礎調査(2019年度)は、我が国のすべての産業分野における事業所の活動状態等の基本的構造を全国及び地域別に明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の母集団情報を整備することを目的とした統計法に基づく基幹統計調査(報告義務のある調査)です。

調査期間

昭島市では、2019年6月から2020年3月までの期間に実施します。

調査の対象

全国すべての民営事業所を対象に実施します。
ただし、個人経営の農・林・漁業(農・林・漁家)など、一部の事業所は除きます。この調査における「事業所」とは、物の生産や販売、サービスの提供などが 1.単一の経営主体のもとで、 2.一定の場所を占めて、 3.従業者と設備を有し、 4.継続的に行われているものを指すため、同じ経営者であっても、場所が異なる場合は、「場所ごと」にそれぞれを別の事業所とします。管理事務や補助的な経済活動を行っている場合も、事業所に含めます。

調査の方法

統計調査員が担当する地域に所在するすべての調査対象事業所について、外観等によりその名称、所在地、活動状態等を確認し、その結果を『調査員用端末』(タブレット端末)に入力します。 そして、新たに把握した事業所など一部の事業所には、調査票を配布します。

調査員について

調査員は、東京都知事に任命された地方公務員で、その身分を示す「調査員証」「腕章」を着用しています。 調査員などの調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らすことは、「統計法」の規定により固く禁じられています。
「経済センサス」の調査結果は、国及び地方公共団体における行政施策の立案や、民間企業における経営計画の策定など、社会経済の発展を支える基礎資料として広く利用されています。

守秘義務・回答義務

この調査は、統計法に基づく基幹統計調査です。
統計法では、調査対象者のかたが安心して調査票にご記入いただけるよう、調査員を始めとする調査関係者に対して、調査票の記入内容を厳重に保護することを定めています。

統計調査を装った「かたり調査」にご注意ください

「かたり調査」とは、国勢調査など、行政機関が行う統計調査であるかのような、紛らわしい表示や説明をして、世帯などから個人情報などを詐取する行為のことです。

  • 統計調査員は、各調査の顔写真付き「調査員証」を携帯しています。訪問の際は、「調査員証」を確認してください。
  • 統計調査員や市町村の職員などが、電話で統計調査の依頼をしたり、事業所や個人、世帯の情報をおたずねすることはありません。(ただし、調査に回答いただいた後、内容に不明な点がある場合、確認のため、お電話することがあります。)

リンク

本調査について、詳しくは総務省統計局のホームページをご覧ください(外部サイトへリンクします)。

お問い合わせ先

企画部 企画政策課 企画政策係(3階8番窓口)

電話番号:042-544-5111(内線:2377)

ファックス番号:042-546-5496


このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。