コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 市政情報 > 基地関連 > 横田基地 > 最新情報 > 飛来情報等のお知らせ(平成30年度) > C-130輸送機による人員降下訓練における連日におけるパラシュートの落下について

C-130輸送機による人員降下訓練における連日におけるパラシュートの落下について

更新日:2019年01月10日

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会による口頭要請

 横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会は、以下のとおり口頭要請を行いましたのでお知らせします。

要請日

  • 平成31年1月9日(水曜日) 

要請先

  • 在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官
  • 北関東防衛局長
  • 横田防衛事務所長

要請内容

 

北関東防衛局より情報提供

 北関東防衛局より、以下のとおり情報提供がありましたのでお知らせします。
  これを受け、横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会は口頭要請を行う予定です。

情報提供内容 1月9日付け

 横田基地広報部から、同基地において行われていた人員降下訓練に関しまして、以下の情報提供がありましたのでお知らせさせて頂きます。
 なお、当局から米軍に対して、2日連続で同様の事案が発生していることについては、誠に遺憾であると感じており、同訓練の実施に当たっては更なる公共の安全に配慮するよう申し入れております。

  • 本日(1月9日)午前9時頃、横田基地において通常訓練を行っていた米軍のパラシュート兵が、メインパラシュートが機能しなかったため、当該パ ラシュートを切り離し、予備パラシュートを展開した。当該の予備パラシュートが畳みこまれていたナイロン生地のデプロイメントバッグ(予備パラシュートが展開するとともに離れるようにデザインされている)は風にさらわれた。
  • 現在、横田基地のチームが当該デプロイメントバッグを捜索している。
  • 本件による怪我人は無く、切り離されたメインパラシュートは横田基地内に落下した。
  • 当該パラシュート兵は、自身と地上にいる他の人員の安全の為に規則に則り安全手順を踏んだ。原因究明と今後の是正措置を保証するための調査委員会が招集された。
  • 本件以降に予定されていた同種のパラシュートを使用した降下訓練は、調査委員会が原因を特定し、基地のリーダーシップが高高度降下訓練を再開しても問題ないと判断するまで停止となった。

 

 


お問い合わせ先

企画部 基地・渉外担当(窓口の場所:3階7番窓口)
郵便番号:196-8511
住所:昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線:2392)
ファックス番号:042-546-5496

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。