コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 市政情報 > 契約・入札 > おしらせ > 「平成31年3月から適用する公共工事設計労務単価」等の運用に係る特例措置について

「平成31年3月から適用する公共工事設計労務単価」等の運用に係る特例措置について

更新日:2019年03月11日

「平成31年3月から適用する公共工事設計労務単価」(以下「新労務単価」という。)及び「平成31年3月から適用する設計業務委託等技術者単価」(以下「新技術者単価」という。)について国は、労働市場の実勢価格を適切に反映するとともに、社会保険等への加入徹底の観点から、必要な法定福利費相当額を勘案し、「平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価」(以下「旧労務単価」という。)と比べ、全国平均で3.3%、被災3県(岩手県、宮城県、福島県)の平均では3.6%上昇しました。

これにより、国は各自治体に対し新労務単価又は新技術者単価の早期適用に努めるように求め、さらに、平成31年3月1日以降に契約を行う工事のうち、旧労務単価を用いて予定価格を積算した工事、「平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価」(以下「旧技術者単価」という。)に基づく契約について、新労務単価又は新技術者単価に基づく契約に変更するための協議を請求できるよう特例措置を定めました。

このことに伴い、本市においても新労務単価及び新技術者単価に係る特例措置への対応を下記のとおり行いますので、お知らせいたします。

1 特例措置の内容

受注者は、工事契約約款第53条等の規定により、旧労務単価又は旧技術者単価に基づく契約を新労務単価又は新技術者単価に基づく契約に変更するための契約金額の変更の協議を請求することができる。    

2 契約変更日

協議が整った日

3 対象となる工事

平成31年3月1日以降に契約を行った工事請負契約等又は設計等委託のうち、旧労務単価又は旧技術者単価を適用して予定価格を積算しているもの。

ただし、変更協議が整う前に支払手続き済みのもの及び平成31年2月28日以前に契約を締結した設計等委託については、対象外とする。

なお、平成31年2月28日以前に契約を締結した工事のうち、同年3月1日において工期の始期が到来していないものについては、「工事契約約款第24条第6項の規定(インフレスライド条項)の取扱いについて(暫定版)」を準用する。

※該当する場合には、市より通知を発送いたします。

4 契約金額の変更

変更後の契約金額については、次のとおり算出する。

変更後の契約金額=新労務単価又は新技術者単価及び当初契約時点の物価により積算された予定価格×当初契約の落札率

5 変更協議の請求期限

工期末が平成30年度内の工事又は設計等委託の場合は工期末の15日前(「昭島市の休日を定める条例(平成元年昭島市条例第3号)第2条に定める休日を除く。)までを原則とし、それ以外の工事又は設計等委託の場合は契約を締結した日から2か月以内とする。


お問い合わせ先

総務部 契約管財課 契約係(窓口の場所:3階4番窓口)
郵便番号:196-8511
住所:昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線:2335から2337)
ファックス番号:042-546-5496

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。