コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 市政情報 > 人事・給与 > 職員の懲戒処分に関する指針

職員の懲戒処分に関する指針

更新日:2014年09月06日

昭島市職員の懲戒処分に関する指針について、全部改正しました

昭島市職員の懲戒処分に関する指針(全部改正)の概要

1.背景 

本市の懲戒処分については、事例ごとの処分の程度を示した「昭島市職員の懲戒処分に関する指針」を平成14年度に定め、職員の服務規律の確保と不祥事の再発防止を図るため機会あるごとに職員に注意を促すとともに、これに基づき処分を行ってきました。

最近の新聞報道などにあるように地方公務員の飲酒運転による交通事故が多発しており、その危険性の高さ、社会的影響の大きさ等を踏まえ、飲酒運転という行為 に対してはより厳格に対応することが必要であると判断し、「昭島市職員の懲戒処分に関する指針」の一部を平成18年度に改正しました。その後においても公務員の職権濫用による個人情報の不正収集事件や全国で続発した公務員の飲酒運転による事故・検挙、さらにはセクシャル・ハラスメントなど、公務の信用性を失墜させ、公務員への信頼を揺るがせる事件・事故が多発し、原因者への厳しい処分を求める声が高まっています。

このような社会情勢の変化等を踏まえ、人事院及び東京都の懲戒処分指針を踏まえ、より適切かつ厳格な処分基準とすることで、職員のコンプライアンス意識を高 めて、公務員倫理の保持徹底と職員が認識することで不祥事を未然に防止を図り、更には、市民への透明性を図るために全部改正をしました。

2.主な改正点 

  1. 刑事罰で懲役刑が科せられる可能性のある行為等については免職を含めて厳罰化条例の罰則規定や刑法で量刑に懲役刑が含まれる行為等については、免職を含めて厳罰化を図りました。
  2. 個人情報、コンピュータ関連等の非違行為の種類の明確化
    個人情報保護法、刑法(コンピュータ犯罪防止等)、不正アクセス禁止法、入札談合等関与行為防止法等に基づき、条例の罰則規定や刑法で量刑に懲役刑が含まれる行為については、免職を含めて明確化をしました。
  3. 内部通報及び告発に関する措置と内部情報における懲戒処分の明確化
    公益通報者保護法に基づき、通報した職員がいかなる不利益を受けないための措置を行いました。
  4. 基本事項に加重並びに軽減及び免除の規定を新設
    一 連の行為が複数の法令違反や非行に該当する場合などに、規定よりも重い処分を行うことの加重や、反対に法令違反の程度が極めて軽微であり、事件や事故の発 覚前に自主的に申し出た場合などには、規定の処分よりも軽い処分を行うことの軽減や、さらには、原則、懲戒処分の種類に戒告が含まれている非違行為の態様 に照らして懲戒処分を行わないことに相当の理由があると認められるときの免除の規定を新設しました。
  5. 平成18年11月13日一部改正の昭島市懲戒処分等の公表基準と昭島市職員懲戒処分指針の一本化
    一本化することで市民等への透明性を図りました。
  6. 懲戒処分の種類に掲げる事案以外の懲戒処分の公表
    昭島市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例に基づき、人事行政の運営等の状況の公表の中で行うことを明示しました。

3.改正実施時期 平成21年4月1日

注:詳しい内容については、関連ファイルからダウンロードしてご覧ください。


関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


お問い合わせ先

総務部 職員課 職員係(窓口の場所:3階3番窓口)
郵便番号:196-8511
住所:昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線:2322から2325)
ファックス番号:042-544-5496

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。