コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 市政情報 > おしらせ > 臨時福祉給付金等のお知らせ

臨時福祉給付金等のお知らせ

更新日:平成29年5月1日

高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)

 終了しました。

平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族基礎年金受給者向け給付金について

 終了しました。

臨時福祉給付金(経済対策分)について

 申請の締め切りは平成29年8月2日(当日消印有効)までです。締め切りを過ぎると受け付けできませんので、ご注意ください。

 臨時福祉給付金(経済対策分)の事業を実施しています。これは平成26年度4月の消費税引き上げ(5%から8%)による影響を緩和するため、所得の少ない方に対し、暫定的、臨時的な措置として実施するものです。今回の臨時福祉給付金(経済対策分)は平成29年4月からの消費税率引き上げ(8%から10%)が延期されたことに伴い、経済対策の一環として、社会全体の所得の底上げに寄与するため平成31年9月までの2年半分を一括して支給するものです。
支給額は、支給対象者1人につき1万5千円です。

給付金を受け取るためには、平成28年1月1日現在で住民登録のある市区町村への申請が必要です。(詳しい支給要件などは、このページの最後をご覧ください。)

申請書の送付

 申請書は次のすべてに該当する方のおられる世帯の世帯主に送付します。

  • 基準日(平成28年1月1日)に昭島市に住民登録がある
  • 平成28年度分の市町村民税(均等割り)が課税されていない

注:ただし、生活保護受給者、平成28年度分の市町村民税課税者の扶養親族等(地方税法上)、中国残留邦人に対する支援受給者、基準日以降に亡くなった方などは対象外です。

申請書の受け付け

 平成29年3月2日から平成29年8月2日(当日消印有効)までに申請書を昭島市臨時福祉給付金コールセンターへ郵送(申請書に返信用封筒を同封します。)してください。
 昭島市臨時福祉給付金コールセンター(市役所2階)の窓口でも受け付けます。
 
 ご注意:基準日(平成28年1月1日)に他区市町村に住民票のある方は、その区市町村へ問い合わせてください。

審査及び支給

 課税などの状況により、支給できない場合もあります。支給要件を満たしているかどうか審査し、申請したすべての方に結果を通知します。

 支給要件を満たしている場合は、指定の口座に振り込みます。

配偶者からの暴力を理由に昭島市へ避難している方へ

 昭島市に避難していて、臨時福祉給付金(経済対策分)の対象である方が、次のいずれかに該当する場合、昭島市で申請できます。事前に申し出が必要ですので、昭島市臨時福祉給付金コールセンター(549-1780)へ連絡してください。

  • 平成28年1月1日現在で昭島市に住民登録されていない
  • 平成28年1月2日以降に住民基本台帳の閲覧制限などの支援措置対象となっている

給付金の支給に伴う詐欺に注意してください。       

 自宅や職場などに、市や厚生労働省の職員などをかたった電話がかかってきたり、郵便物が届いたりしたら、臨時福祉給付金コールセンター(042-549-1780)、または、昭島警察署(042-546-0110)に連絡してください。

  • 市や厚生労働省の職員などが、給付金を支給するために手数料などの振り込みを依頼したり、銀行やコンビニエンスストアなどのATM(現金自動預払機)の操作を依頼したりすることはありません。

詳しい支給要件など

 支給対象者について

 支給対象者は、平成28年1月1日において、以下の条件を満たした方です。

 

  • 昭島市の住民基本台帳に記録されている方
  • 平成28年度分の市町村民税(均等割)が課税されない方

 ただし、以下の場合は対象外です。

  • 平成28年度分の市町村民税(均等割)が課税されている方の税法上の扶養等になっている場合(青色事業専従者、白色事業専従者を含む)
  • 生活保護制度の被保護者となっている場合
  • 中国残留邦人等に対する支援給付の受給者である場合
  • 国立ハンセン病療養所等入所者家族生活援護費の受給者である場合
  • ハンセン病療養所非入所者給与金(援護加算分)の受給者である場合
  • 基準日以降に亡くなられた場合

 外国人の方の場合

  • 短期滞在者及び不法滞在者については、支給の対象にはなりません。
  • 臨時福祉給付金(経済対策分)の申請日から10日を経過するまでの間に在留期間の満了日等が到来する方については、臨時福祉給付金(経済対策分)の支給時に在留資格等を有することが確認できないため、在留期間の更新等を行ってから申請してください。

代理による申請・受給

 支給対象者に代わって申請・受給が行えるのは、次のいずれかの方となります。

(注:申請のみの代理も可能)

  1. 平成28年1月1日時点での支給対象者の属する世帯の世帯構成者
  2. 法定代理人(親権者、未成年後見人、成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人)
  3. 親族その他の平素から支給対象者本人の身の回りの世話をしている方等で市長が特に認める方

その他

  • やむを得ない場合を除き、申請期限までに申請が行われなかった場合、臨時福祉給付金(経済対策分)を支給できません。(やむを得ない場合であっても一定期間経過後には申請受付、支給することはできません。)
  • 申請書の不備による振込不能等が原因で、支給ができなかった場合、市が確認等を行った上でなお必要な修正ができなかったときは、申請は取り下げられたものとみなします。
  • 臨時福祉給付金(経済対策分)の支給後に支給対象者の要件に該当しなくなった方、又は偽りその他不正の手段により支給を受けた方に対しては、支給した給付金の返還を求めるものとします。
  • 臨時福祉給付金(経済対策分)の支給を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供すことはできません。

関連リンク


お問い合わせ先

臨時福祉給付金コールセンター(窓口の場所:205会議室)
郵便番号:196-8511
住所:昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-549-1780
ファックス番号:042-546-8855

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。