コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 福祉のひろば > 障害のあるかたへの支援 > 障害者手帳の種類 > 身体障害者手帳

身体障害者手帳

更新日:2017年09月21日

身体障害者手帳とは

身体障害者手帳は、身体に障害があるかたが身体障害者福祉法に定める障害程度に該当すると認められた場合に本人(15歳未満は、その保護者)の申請に基づいて交付されるもので、身体障害者(児)が各種の福祉サービスを受けるために必要となるものです。

手帳の等級には1級から6級があり、各等級は指数化され、二つ以上の重複障害の場合は、重複する障害の合計指数により決定されます。なお、肢体不自由の7級1つのみの障害では、手帳は交付されません。

障害の種類

  • 視覚障害
  • 聴覚障害
  • 平衡機能障害
  • 音声機能・言語機能障害
  • そしゃく機能障害
  • 肢体不自由
  • 心臓機能障害
  • じん臓機能障害
  • 呼吸器機能障害
  • ぼうこう又は直腸機能障害
  • 小腸機能障害
  • ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
  • 肝臓機能障害

手続きに必要なもの

手帳の交付手続きに必要なもの

 

  • 診断書
    注:身体障害者福祉法第15条の指定医師が作成した所定の診断書が必要です。
    昭島市内の身体障害者福祉法第15条の指定医師一覧(PDF:162KB)

    注:昭島市以外の医療機関でも身体障害者福祉法第15条に基づく指定医師であれば診断書を作成できます。

  • 写真2枚(縦4センチメートル×横3センチメートル。手帳申請時から1年以内に、脱帽した上半身を撮影したもの。)
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • マイナンバー記載に伴うマイナンバー・本人(身元)確認できるもの
    マイナンバーに関する詳細はこちら(リンクのページからご確認ください)

   注:受診者が18歳未満の場合においては、受診者及び保護者のマイナンバーが確認できる書類が必要となります。
   注:受診者と申請書提出者が異なる場合には、委任状又は法定代理人であることを証明する書類が必要となります。

  

詳細については、関連リンクから「東京都心身障害者福祉センター」のページをご覧ください。

手帳の再交付・住所変更などの手続きに必要なもの

住所・氏名などの変更

  • 手帳
  • 印鑑(朱肉を使うもの)

紛失・破損

  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)

死亡(返還届)

  • 手帳
  • 印鑑(朱肉を使うもの)

障害の程度変更・追加・再認定

  • 手帳
  • 診断書
    注:身体障害者福祉法第15条の指定医師が作成した所定の診断書が必要です。
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)

申請場所

  • 市役所障害福祉課障害福祉係(13番窓口)
  • 東部出張所
  • 保健福祉センター(あいぽっく)

手帳のお渡しまでの期間

申請いただいた書類は、東京都心身障害者福祉センターで審査を行い、交付までにおよそ1か月から1か月半かかります。手帳の交付は市役所障害福祉課障害福祉係の窓口で直接お渡しします(交付日は通知でご連絡します)。


関連リンク


お問い合わせ先

保健福祉部 障害福祉課 障害福祉係(窓口の場所:1階13番窓口)
郵便番号:196-8511
住所:昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線:2132から2135)
ファックス番号:042-546-8855

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。