コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 福祉のひろば > 子育て支援 > 子育て世代包括支援センター > 赤ちゃんが生まれたら > 新生児聴覚検査の費用の一部を助成します

新生児聴覚検査の費用の一部を助成します

更新日:2019年05月09日

新生児聴覚検査とは

生まれてすぐ、赤ちゃんが眠っている間に聴覚障害の疑いがないかを調べる検査のことです。
生まれつき、聴覚に何らかの障害を持つ赤ちゃんは1,000人に1人から2人と言われています。
聴覚障害は早期に適切な治療や支援を開始することで、コミュニケーションの形成や言語発達面への影響が最小限に抑えられることが分かっています。

対象者

平成31年4月1日以降に生まれ、検査日現在、市内に住民登録がある新生児で、生後50日までに都内医療機関で新生児聴覚検査を受診されたかた

都内医療機関で新生児聴覚検査を受ける場合

都内医療機関の受付に、妊娠届提出時にお渡しした「新生児聴覚検査受診票」を、事前に提出して検査をお受けください。

都外医療機関で新生児聴覚検査を受ける場合

里帰り出産などにより、都外の医療機関で検査を受けた場合にその受診料の一部を補助(償還払い)します。
出産の翌日から1年以内に、保健福祉センター(あいぽっく)にて以下に掲げる1から5をご持参の上申請手続きをしてください。
窓口にて作成していただく書類があります。 

  1. 都外医療機関で支払った新生児聴覚検査の領収書(原本)
  2. 未使用の新生児聴覚検査受診票
  3. 母子健康手帳
  4. 印鑑(シャチハタ不可)
  5. 銀行・信金・信組・農協の預金通帳(預金通帳は保護者名義の通帳です)

新生児聴覚検査受診票を使用せずに、すでに新生児聴覚検査を受診された場合

出産の翌日から1年以内に、保健福祉センター(あいぽっく)にて以下に掲げる1から4をご持参の上申請手続きをしてください。
窓口にて作成していただく書類があります。 

  1. 都外医療機関で支払った新生児聴覚検査の領収書(原本)
  2. 母子健康手帳
  3. 印鑑(シャチハタ不可)
  4. 銀行・信金・信組・農協の預金通帳(預金通帳は保護者名義の通帳です)

その他

  • 平成31年3月31日までに妊娠届を提出されたかたは、保健福祉センター(あいぽっく)にて交付を行います。母子健康手帳と印鑑(シャチハタ不可)をお持ちください。
  •  交付や再交付等の申請者は原則対象者と同居している保護者です。申請者が保護者以外の場合は、委任状をお持ちください。
  •  耳のきこえのことで心配なことがありましたら、お気軽にご相談してください。
  •  検査結果は、各医療機関から昭島市へ報告されます。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


お問い合わせ先

保健福祉部 健康課 子育て世代包括支援センター係
郵便番号:196-0015
住所:昭島市昭和町4-7-1
電話番号:042-543-7303
ファックス番号:042-544-7130

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。