コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > まちづくり・環境 > 環境 > 地球環境 > 地球温暖化対策 > 温暖化の原因

温暖化の原因

更新日:2014年09月08日

地球温暖化の原因って何?

地球の大気中に含まれる二酸化炭素(CO2)やメタン(CH4)などの温室効果ガスは、太陽によって暖められた地球の地表から逃げていく熱をさえぎることで地表を暖かく保つ働きをしています。

しかし、これらのガスが増えると大気中でさえぎられる熱が増加し、地表の温度が上昇してしまいます。これが地球温暖化です。

地球が温暖化になるとどうなるの?

  1. 地球全体の平均気温の上昇により南極等の氷(大陸の上にある氷河など)がとけて海に流れだし、海面が上昇します。これにより、多くの土地が海の中に沈んでしまうおそれがあります。(日本は、砂浜のほとんどない国になる危険があります。)
  2. 気候の変化により、洪水やかんばつなどの異常気象がおこるおそれがあり、食料不足になります。
  3. 森林が減少し、貴重な植物や動物が絶滅するおそれがあります。

[参考]

19世紀以降、地球の平均気温は0.3摄氏度から0.6摄氏度上昇し、海面は10から25センチメートル上昇しました。近年では温暖化はさらにすすみ、このままのペースでいくと、2100年には平均気温は現在よりも1.4度から5.8度、海面は9センチメートルから88センチメートル上昇すると予測されます。これまで、人類として経験したことのない速度です。

(IPCC-気候変動に関する政府間パネルより)

温室効果ガスって何?

地球の表面温度は、太陽から流れ込む日射エネルギーと、地球自体が宇宙に向けて放出する熱のバランスによって決まります。日射によって加熱された地表面は赤外線の熱を放出しますが、大気中には赤外線を吸収する性質を有する「温室効果ガス」と呼ばれるガスがあり、地表面からの熱をいったん吸収し、この熱の一部を地表面に放射するため、地表面はより高い温度となります。この効果を「温室効果」と呼んでいます。

温室効果ガスには、二酸化炭素、メタン、一酸化炭素、ふっ化硫黄、オゾン、フロンなどがあります。特に二酸化炭素(CO2)は、産業革命以降人為的に排出された量が膨大なため、地球温暖化への影響が最も大きいものです。


お問い合わせ先

環境部 環境課 計画推進係(窓口の場所:2階7番窓口)
郵便番号:196-8511
住所:昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線:2295から2296)
ファックス番号:042-544-6440

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。