メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 予防接種 > 5歳から11歳のかたの新型コロナワクチン1・2回目接種

5歳から11歳のかたの新型コロナワクチン1・2回目接種

更新日:2022年12月27日

5歳から11歳のかたへの情報

市内における新型コロナウイルス感染者のうち10歳代と10歳未満の子どもを合わせて28.0%を占め、感染は、徐々に減少していますが、感染者の発生は続いています。国内における5歳から11歳の新型コロナウイルス感染症の多くが軽症であるものの、感染者の発生が続く状況や、変異株ウイルスの発生により、ワクチン未接種の子どもの感染や中等症もしくは、重症となる場合もあるとされています。
子どもの感染を予防することの必要性があるとして、国内においては1月21日に小児用ワクチンが薬事承認され、5歳から11歳へのワクチン接種が行われています。
5歳から11歳の接種について、新型コロナワクチンのオミクロン株への効果や新たな情報をご覧ください。5歳から11歳のお子様と保護者の方へ(PDF1.57 MB)
新型コロナワクチン(オミクロン株対応)の接種が受けられる期間は、現在、令和3年(2021年)2月17日から令和5年(2023年)3月31日までとなっています。今後オミクロン株対応ワクチン接種をお考えのかたで、これから初回(1回目・2回目)接種をご希望のかたは、12月7日頃までに(注2)1回目の接種を済ませていないと2回目の接種を12月末までに終えることが難しくなり、また実施期間中にオミクロン株対応ワクチンを接種することが難しくなります。
オミクロン株対応ワクチンの接種を希望されるかたは、初回(1・2回目)接種が完了され、2回目接種から3か月以上の経過が必要となります。12月中に初回(1・2回目)接種を完了していないと、オミクロン株対応ワクチン接種が3月31日までに受けられなくなります。
(注2)年末は医療機関が休診になります。接種の予約はゆとりをもって、早めにお取りください。
例:12月5日(月曜日)に1回目の接種を受けたら、2回目は12月26日(月曜日)となります。

5歳から11歳のお子さまの保護者のかたへ

 小児における新型コロナウイルス感染症は、中等症や重症例の割合は少ないものの、保育園、幼稚園、小学校や家庭内で感染を拡大させる恐れがあり、感染防止への対応が必要とされています。海外では、新型コロナワクチン接種を受けることで、ウイルスが体に入ってきても、新型コロナウイルス感染症にかかりにくくなる効果(発症予防効果)と、感染症に罹患してしまった場合でも、症状が重くなることが少なくなる効果(重症化予防効果)について、一定の有効性が期待できるといった報告があります。諸外国において、すべての小児に対して接種を推奨している国と、基礎疾患を有する場合や、重症化リスクのあるお子さんに対して接種を推奨している国があり、対応はさまざまです。新型コロナワクチンは、オミクロン株に対する効果のエビデンスが明確でないため、努力義務の規定は適応されていません。最新の科学的知見を踏まえ、引き続き議論が行われています。
日本国内での小児(5歳から11歳)の新型コロナワクチン接種については、メリット(発症・重症化予防効果)とデメリット(副反応など)を十分にご理解いただき、接種を受けるか、接種を受けないかの判断をしてください。
詳しくは、厚生労働省ホームページ、新型コロナワクチンQ&A小児接種(5歳から11歳)(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

新型コロナワクチンの接種を受けられないかたへの配慮

身体的な理由や、個人のさまざまな事情で、ワクチンを接種できないかたがいます。ワクチン接種に関連した差別や偏見などがおこらないよう、十分なご配慮をお願いいたします。
厚生労働省ホームページ、ワクチンの接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般のかた向け)(外部サイトにリンクします)

副反応について

新型コロナワクチン予防接種に限らず、全ての予防接種で副反応はあります。接種後、数日間は副反応が起こる可能性がありますので、お子さんの体調の変化を確認してください。主な副反応は、注射した部分が赤みを帯びる・はれる・痛む・熱をもつ・硬結する、発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、筋肉痛や関節痛などの症状です。こうした症状は、接種翌日をピークに発現することが多く、数日以内に回復していきます。強い副反応(血管迷走神経反射による失神やアナフィラキシーなど)の大部分は接種後15から30分以内に出現するとされていますので、接種場所の医師や看護師の指示に従って、経過観察を行ってください。帰宅後、いつもと違う体調の変化や異常が見られたら、接種を受けた病院や、かかりつけ医に相談してください。
詳しくは、厚生労働省ホームページ、小児(5歳から11歳)の接種にはどのような副反応がありますか(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

対象

昭島市に住民票のある、5歳から11歳のかた

ワクチンの種類と間隔・回数・費用など

ワクチン

ファイザー社製小児用ワクチン
注:5歳から11歳で接種する有効成分量は、12歳以上で接種する量の3分の1になります。
説明書はこちらになります。(PDF:275KB)

接種間隔と回数

3週間の間隔をおいて2回接種

費用

無料

接種期間

令和5年3月31日まで

ほかの予防接種との間隔について

  • ほかの予防接種(注1)を受けた場合、2週間後の同じ曜日から新型コロナワクチンの接種を受けることができます。2回目の新型コロナワクチンを接種した2週間後の同じ曜日から、ほかの予防接種を受けることができます。また、新型コロナワクチン接種の1回目と2回目の間に、ほかの予防接種は受けられません。
(注1)四種混合、麻しん風しん、日本脳炎、など。(インフルエンザワクチンのみ、接種間隔の制限はありません)

接種間隔に注意してください

  • ほかのワクチンを受けた場合

新型コロナウイルスワクチン接種前にほかのワクチンを接種する場合の例

  • 新型コロナワクチンの2回接種後にほかの予防接種を受ける場合

新型コロナウイルスワクチン接種の後にほかのワクチンを接種する場合の例

接種会場と予約について

個別接種(集団接種会場での接種は終了しています)

病院名 太陽こども病院 太陽こども病院のホームページはこちら(外部サイトにリンクします)
所在地 松原町1-2-1
アクセスなど
接種日 月曜日から土曜日
予約方法 クーポン券が届き次第予約ができます。直接電話で予約してください。
電話番号:042-544-7511
予約時間 平日の
午前9時から11時30分
午後2時から5時
その他 接種当日には、市から送付されたクーポン券、本人確認書類、母子手帳が必要です。

東京都大規模接種会場での接種

予約やワクチンについて詳しくは、東京都福祉保健局ホームページ「東京都新型コロナウイルスワクチン大規模接種予約システム」(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

当日の持ち物

注:クーポン券にある、新型コロナワクチン予防接種済証(臨時)は、接種を受けた証明になります。大切に保管してください。(臨時)とは、臨時接種を意味しています。のちに正式な接種済証が発行されるという意味ではありません。

クーポン券の発送について

対象 発送予定
平成22年3月13日から平成29年9月30日生まれ 発送済み
平成29年10月1日以降生まれ 5歳の誕生日を迎える頃に順次発送

注:平成22年3月2日生まれから平成22年3月12日生まれのかたは、12歳以上のかた向けの新型コロナワクチン接種券発送済みです。予約先などは、こちらをご覧ください。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

保健福祉部 健康課
郵便番号:196-0015 昭島市昭和町4-7-1
電話番号:042-544-5126
ファックス番号:042-544-7130

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?