メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

昭島市新型コロナワクチン接種情報

更新日:2022年1月18日

3回目の接種(追加接種)については、こちらをご覧ください。
12歳を迎えられたかた、1・2回目の接種については、こちらをご覧ください。

【共通する情報】

接種券(クーポン券)の再発行(紛失した、届かない等)、転入者への新規発行、住民票所在地外での接種のための新規発行ついて

次のかたは、手続きが必要です。


(注1)1回目の接種をほかの自治体で済ませた後に、昭島市に転入し、2回目を昭島市で接種されるかた。
(注1)他自治体で2回目を接種したあとに転入されたかた。(3回目の接種を昭島市で接種するかた)

接種証明書について

令和3年12月20日から接種証明書がデジタル化され、スマートフォン上で新型コロナワクチン接種証明書アプリによる予防接種証明書(電子版)が発行できるようになりました。また、海外渡航用に加え、日本国内用の証明書も発行可能となりました。電子版が利用できないかたは、引き続き予防接種証明書【紙版】の発行が可能です。詳しくは、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)についてをご覧ください。

ほかのワクチン接種との接種間隔について

          • 原則としてほかのワクチンと同時接種ができません。
          • 1回目と2回目の前後2週間は、ほかのワクチンを接種することができません。
          • 「二種混合ワクチン」、「日本脳炎ワクチン」、「子宮頸がんワクチン」、「季節性インフルエンザワクチン」「高齢者肺炎球菌ワクチン」などの接種時期と重なる場合がありますので、あらかじめ余裕をもって接種をお願いいたします。(定期予防接種の期限にお気をつけください。)
          • 1回目と2回目の間に、ほかのワクチンを受けることがないようお願いいたします。
            接種間隔に注意してください

 注:抗体カクテル療法(外部サイトにリンクします)を受けたかたは、治療が終了してから、3か月程度の間隔を空けて接種を受けてください。

接種の状況

昭島市では、ワクチンの供給量が少ないことや、感染によるクラスターの発生および、重症化のリスクを踏まえ、施設などの入所者・従事者などから接種を行いました。なお、接種の状況及び接種率などについては、「接種の状況」のページをご覧ください。

ワクチンの配分量と接種費用について

ワクチン 配分日 配分量
ファイザー社製 令和3年11月18日 1,170回分
令和3年12月23日 10,530回分
令和4年2月14・21日の週 8,190回分
武田/モデルナ社製 令和4年1月24日の週 14,550回分
令和4年2月7日の週 2,700回分
合計 37,140回分

接種費用

1.2回目、および3回目のワクチンは無料です。(東京都や市の職員の名前をかたり、有料で新型コロナワクチンが接種できるなど、現金を要求する不審な電話にご注意ください。)

東京都が開設している接種会場について

東京都ワクチン接種センターの開設について

東京都は、接種会場を開設し、1.2回目のワクチン接種を希望されるかたを対象に行っています。問い合わせ先など、詳しくは東京都保健福祉局ホームページ「都が設営するワクチン大規模接種会場に関する情報について」(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

自衛隊大規模接種センター

令和3年11月30日をもって1.2回目の接種は終了しました。3回目接種については、今後開設される予定です。

昭島市以外の会場で接種されるかたに、ご注意いただきたいこと

          1. 予約にあたっては、まず、ご自身が、昭島市での接種予約をしていないことを必ず確認してください。

          2. 昭島市の接種と両方を「二重予約」してしまうと、準備したワクチンが無駄になってしまいます。ワクチンを無駄にしないため、昭島市での予約がすでにあるかたは必ず昭島市での予約を取り消してください。

          3. すでに昭島市において1回目の接種を受けたかたは、2回目の接種を国、東京都で開設している接種会場で受けることは出来ません。
          4. 昭島市のコールセンターや、インターネット予約(予約管理システム)では接種の予約はできません。

副反応ついて

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、「副反応」が生じる可能性があります。一般的に現れる副反応は、接種部位の痛みや腫れ、疲労感、頭痛、筋肉痛、悪寒、発熱(37.5℃以上)です。治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、きわめて稀ではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済制度を利用できることがあります。)
ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されています。ワクチン接種後15分から30分ほど経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きた場合、医療従事者が必要な対応を行います。
ワクチン接種後に副反応の症状を呈した場合は、「東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター」(外部サイトにリンクします)電話番号03-6258-5802(毎日24時間対応)へご相談ください。詳しくは、新型コロナワクチン接種後についてをご覧ください。

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルスのワクチン接種は、強制ではありません。接種を受けるかたの同意がある場合に限り接種が行われます。周りのかたなどに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないよう、皆さんで気を付けましょう。

TOKYOワクションアプリ

東京都は、スマートフォン向けサービス、「TOKYOワクション」LINEアプリの提供を開始しています。アプリに接種記録などを登録すると、協賛店で様々な特典が受けられます。詳しくは、TOKYOワクション公式サイト(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

よくある質問

新型コロナワクチンを受けるにあたってのよくある質問はこちらをご覧ください。

昭島市新型コロナワクチン相談窓口

ワクチンに関する現時点の情報をお伝えいたします。
また、接種券(クーポン券)を紛失した場合の再発行や、転入者への接種クーポン券の新規発行について、申請書の受け付けを行っています。詳しくは、「接種クーポン券の再発行(紛失した、届かない等)、転入者への新規発行、住民票所在地外での接種のための新規発行ついて」をご覧ください。

                • 場所:保健福祉センター(あいぽっく内)

                • 日時:月曜日から金曜日(祝日除く)午前8時30分から午後5時まで

昭島市新型コロナワクチンコールセンター(通話料無料)

昭島市でのワクチン接種に関するお問い合わせ

          • 電話番号:0120-201-432

            注:電話のかけ間違いには十分ご注意ください。

          • 受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日)

【厚生労働省】新型コロナワクチン全般・副反応などに関する問い合わせ

          • 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター0120-761-770(通話料無料)

          • 受付時間:午前9時から午後9時(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日)

【厚生労働省】新型コロナワクチンについて

新型コロナウイルス感染症の蔓延防止を図り、国民の生命・健康および社会経済活動への影響を抑えることを目的に実施します。詳しくは、厚生労働省のホームページ新型コロナワクチンについて(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

 

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

保健福祉部健康課
郵便番号:196-0015 昭島市昭和町4-7-1
電話番号:042-544-5126
ファックス番号:042-544-7130

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?