メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 保育園・幼稚園 > 無償化・利用費補助について > ベビーシッター利用支援事業(新型コロナウイルス感染症対応)

ベビーシッター利用支援事業(新型コロナウイルス感染症対応)

更新日:2022年7月14日

目的

東京都が実施する「新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育所等の臨時休園等への対応に係るベビーシッター利用支援事業(ベビーシッター事業者連携型)」が活用できます。新型コロナウイルス感染拡大に伴い保育所等(認可外保育施設を含む。)が、緊急一時休園や家庭保育の要請により保育の提供の縮小や臨時休園等を行ったことにより、医療、交通、金融、社会福祉等の社会生活を維持する上で必要なサービスに従事しているなど仕事を休むことが困難なかたが、ベビーシッターを利用する場合に、東京都が認定する事業者を利用することで、利用料の一部を助成します。

利用対象者

次のいずれにも該当するかた

  • 市内在住のかた
  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、保育所等が臨時休園等を行った施設にお子さんが通園している保護者が、医療、交通、金融、社会福祉等の社会生活を維持する上で必要なサービスに従事しているなど仕事を休むことが困難なかた
  • 教育・保育支給認定または施設等利用給付認定において、就労要件のかた

注意事項

  • 保護者の自主的な判断による登園自粛は対象外です。
  • 対象児童とその保護者及び同居の家族が、新型コロナウイルス感染症に感染又は濃厚接触者となった場合は利用できません。
  • 認可外保育施設に在園中で、教育・保育認定等をお持ちで無いかたは、認定手続き等のお仕事の確認できる書類の提出が必要となります。詳しくは市へお問い合わせください。

利用期間・時間・料金

利用期間

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、保育所等が臨時休園等を行う期間のみ

利用時間

月曜日から土曜日まで(祝日及び休日は除く)の午前7時から午後10時までのうち、下記時間を上限として利用可能です。

  • 保育短時間認定(相当)の場合、1日あたり8時間
  • 保育標準時間認定(相当)の場合、1日あたり11時間

利用料金

1時間あたり150円
(本事業の専用システムにおいて発行した助成券を利用した額)

利用料以外の料金(入会金、保険料、キャンセル料、ベビーシッターが利用者宅に通う際の交通費等)は、原則として対象外です。

提供するサービス

認定事業者が派遣するベビーシッターが、対象児童の保育を行います。
対象者であっても、認定事業者との間で本事業の契約が成立しない場合には、本事業は利用できません。

保育場所について

保育場所は、対象児童の自宅に限ります。
(家事援助、兄弟姉妹の送迎、その他の付随サービスは、一切含みません。)

利用の流れ

  • 郵送での申請は取り扱っておりません。
  • 認可外保育施設を利用しており、認定申請を行っていない場合は、下記手続きの前に認定手続き等のお仕事の確認できる書類の提出が必要になります。詳しくは市へお問い合わせください。

1「ベビーシッター利用支援事業対象者確認届出書(コロナ休園用)」の提出

利用希望者は、在園中の保育園等(子ども子育て支援課(市役所1階17番窓口)または電子申請(外部サイトへリンクします)でも可)に「べビーシッター利用支援事業対象者確認届出書(コロナ休園用)」(PDF:91KB)をご提出ください。市が保育園等より届出書を受領した後、審査の上、対象者の確認を行います。(既に提出済みのかたは2以降を確認してください。)

2「ベビーシッター利用支援事業 利用約款」への同意

利用希望者は、「ベビーシッター利用支援事業 利用約款」(PDF:208KB)を必ずお読みください。利用約款の全ての内容を確認後、「同意書」(PDF:115KB)に同意いただくことが利用の条件です。

3「ベビーシッター利用支援事業 対象者確認書」の受け取り

保育園が臨時休園等を行った場合、1の届出に基づき、市から対象者のご住所へ「ベビーシッター利用支援事業 対象者確認書」が届きます。確認書は、認定事業者に利用の申込みをする際に必要です。
(メールでの受領も希望している場合は、メールでも届きます。)

4 認定事業者と契約を締結

ベビーシッター利用支援事業認定事業者の中から事業者を選び、「ベビーシッター利用支援事業 対象者確認書」を提示の上、契約を締結します。

  • 事業者一覧(外部サイトへリンクします)は、東京都福祉保健局ホームページでご確認ください。
  • 契約締結には、時間に余裕を持って行ってください。
  • ベビーシッター利用当日までに、本事業の助成券の発行が間に合わなかった場合の対応については、事前に認定事業者へ確認をしてください。

5 専用システムのアカウント発行の申請

利用希望者は、助成券を発行に必要な専用システムのアカウント情報を入手するため「ベビーシッター利用支援事業 アカウント発行申請書(コロナ休園用)」(PDF:88KB)の申請をします。手続きは、子ども子育て支援課(市役所1階17番窓口)または電子申請(外部サイトへリンクします)で行っています。

アカウント情報は、原則申請から3開庁日以内に、全国保育サービス協会から申請者のご住所へ届きます。
(メールでの受領も希望している場合は、メールでも届きます。)

6 助成コード(番号)を提示して、ベビーシッターを利用する

利用希望者は、アカウントを受領後、専用システムにおいて助成券を発行し、画面上に表示された助成コード(番号)を、利用の都度、ベビーシッターに伝えます。専用システムはパソコン又はスマートフォンからアクセス可能です。(印刷は必要ありません。)

  • 助成券は、対象児童以外に利用することはできません。
  • 利用者のアカウントの発行手続きや受領が遅れたことにより、利用当日までに助成券が発行できなかった場合は、その日の利用料が全額利用者負担となることがあります。
  • 対象児童の保護者が雇用主から交付された「ベビーシッター派遣事業割引券」と、本事業の助成券は併用可能です。その他助成券、割引券等との併用については、各助成券等の利用規約等を確認してください。
  • フローチャートはこちら(PDF:101KB)を確認してください。

留意点

  •  お住まいの場所や利用を希望される時間帯、各社に所属するベビーシッターの空き状況により、ベビーシッター事業者との契約が成立しない場合があります。
  •  利用者は「ベビーシッター利用支援事業 利用約款」の第9条(利用者の責務)にある手続きを必ず行ってください。
  •  サービス利用期間中に「ベビーシッター利用支援事業 利用約款」の第11条(利用の修了)の事由に該当することになった場合は、当初市が対象者確認書で利用を認めた期間内であっても利用修了となります。
  • 利用希望者は、本事業の適正な執行及び助成券の審査・精算のため、「ベビーシッター利用支援事業 利用約款」の第13条(個人情報等の提供)に了承の上、利用するものとします。
  •  本事業はベビーシッターを直接あっせんする事業ではないため、利用希望者のベビーシッター利用を保証するものではありません。またベビーシッター事業者との契約に関するトラブルについては市及び東京都は一切関与できません。契約の際には内容を十分確認してください。
  •  ご利用の際には「ベビーシッターなどを利用するときの留意点(厚生労働省)(外部サイトへリンクします)」の確認もお願いします。




AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

子ども家庭部 子ども子育て支援課 子ども子育て支援係(1階17番窓口)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線番号:2162から2165)、042-544-4189(直通)
ファックス番号:042-546-8855

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?