コンテンツにジャンプ
昭島市公式キャラクター アッキー&アイラン

トップページ > 昭島の水道 > お客様へ > 水道Q&A > 水質関連 > 浴室のタイルや便器の内側がピンク色になっていますが、どうしてですか?

浴室のタイルや便器の内側がピンク色になっていますが、どうしてですか?

更新日:2014年09月17日

浴室のタイルや便器の内側がピンク色になっていますが、どうしてですか?

浴室のタイル、便器の内側などは水が貯まりやすく、石鹸カスや湯あか、汚物などで汚れやすいため、そこに空気中の雑菌やカビが付着し繁殖しやすくなっています。これらの雑菌、カビの中には黒色やピンク色などの色素を作るものがあります。特にピンク色を作る菌は「メチロバクテリウム」というもともと土壌の中にいる菌が風にのって窓から入り込み湿度の高い浴室などで繁殖したものです。この現象は水道水が原因ではなく、空気中の雑菌により起こるものですので、普段から浴室などの水まわりをよく乾燥させることが大切で、もし付着物が発生した場合は付着物をよくふき取り、漂白剤や消毒用アルコールなどで消毒すればある程度再発は防ぐことができます。

お問い合わせ先

水道部 工務課 浄水係
郵便番号:196-0025
住所:昭島市朝日町4-23-28
電話番号:042-543-6111
ファックス番号:042-543-6118

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。