メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 市政情報 > 基地関連 > 横田基地 > 最新情報 > 飛来情報等のお知らせ(令和2年度) > 横田飛行場における人員降下訓練に伴う落下物について(令和2年7月10日)

横田飛行場における人員降下訓練に伴う落下物について(令和2年7月10日)

更新日:2020年7月10日

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会は、次のとおり要請しましたことをお知らせします。

人員降下訓練に伴う福生市へのフィンの落下について(要請)

要請日

  • 令和2年7月10日(金曜日)

要請先

  • 在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官
  • 北関東防衛局長
  • 横田防衛事務所長

要請元

  • 横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会

要請内容

 

 北関東防衛局からの情報提供

北関東防衛局より次のとおり情報提供がありましたのでお知らせします。

令和2年7月9日付け情報提供内容

本日(7月9日)、米側より次のとおり連絡がありましたのでお知らせ致します。
また、横田基地広報部からの以下のコメントがございましたのでお知らせ致します。

 

連絡事項

  1. 日時
    令和2年7月7日(火曜日)19時30分ごろ
  2. 場所
    東京都福生市牛浜58-1JR牛浜駅西口駐輪場付近落下
  3. 概要
    パラシュート降下訓練中にフィン(足ヒレ)を落下
  4. 備考
    被害は確認されていない。

  •  当局としましては、横田飛行場における人員降下訓練において、立川市内へのパラシュート落下に引き続き、このような事案が発生していることは誠に遺憾であり、これまでの事案を含め、同様の事故が二度と発生しないよう、安全管理の徹底、事故の原因究明、実効性のある再発防止策等を講じることを、北関東防衛局長から第374空輸航空団司令官宛に強く要請しました。


横田基地広報部からのコメント


第374空輸航空団にとって、安全は最優先事項です。我々は、乗員と地域のために安全な飛行運用をすることを責任を持って取り組むと同時に、日本の防衛を支援するための訓練をできる限り行っていきます。

我々の全ての飛行運用は、日米両政府の合意と規則に従って行っています。我々は、飛行運用の技術の維持・向上をはかる一方、周辺地域への影響を最小限にするあらゆる努力を行っていきます。

お問い合わせ先

企画部 基地・渉外担当(3階8番窓口)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線番号:2392)
ファックス番号:042-546-5496

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?