メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 市政情報 > 基地関連 > 横田基地 > 最新情報 > 飛来情報等のお知らせ(令和3年度) > 横田基地における新型コロナウイルス感染者について(令和3年4月2日より掲載)

横田基地における新型コロナウイルス感染者について(令和3年4月2日より掲載)

更新日:2021年5月6日

北関東防衛局からの情報提供

北関東防衛局より情報提供がありましたのでお知らせします。

令和3年5月6日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

5月1日から5月4日の期間に、横田基地コミュニティの人員2名が、COVID-19に陽性であることがわかりました。横田基地における現在の感染者数は、2名です。
当該2名は、アメリカ合衆国から日本に入国し、渡航後の移動制限(ROM)を実施している最中に、入国時に受けたPCR検査が陽性であったと通知されました。当該患者は、在日米軍司令部の移動制限方針に従い、日本に到着後、直ちに移動制限に入っていました。
公衆衛生課は、当該人物の濃厚接触者全員に通知を行い、適切な処置をとっています。当該患者は、現在米軍の医療提供者による医学的監視のもと、隔離されています。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

令和3年4月30日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月28日から30日までの期間、横田基地コミュニティのメンバーに、COVID-19の陽性者はいませんでした。横田基地における現在の感染者は、おりません。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

令和3年4月27日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月24日から27日の期間、横田基地コミュニティのメンバーに、COVID-19の陽性者はいませんでした。横田基地における現在の感染者は、2名です。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

令和3年4月23日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月21日から4月23日の期間、横田基地コミュニティに、COVID-19の陽性者はいませんでした。横田基地における現在の感染者は、3名です。

在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。

基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。

このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。

COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

令和3年4月20日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月17日から4月20日の期間に、横田基地コミュニティの人員3名が、COVID-19に陽性であることがわかりました。横田基地における現在の感染者数は、4名です。
当該人物のうち2名は、アメリカ合衆国から日本に入国し、渡航後の移動制限(ROM)を実施している最中に、入国時に受けたPCR検査が陽性であったと通知されました。当該患者は、在日米軍司令部の移動制限方針に従い、日本に到着後、直ちに移動制限に入っていました。
残り1名は、公衆衛生課により陽性が確認され、米疾病管理予防センターの厳格な指導に従い隔離されています。
公衆衛生課は、当該人物の濃厚接触者全員に通知を行い、適切な処置をとっています。当該患者は、現在米軍の医療提供者による医学的監視のもと、隔離されています。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

令和3年4月16日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月14日から16日の期間に、横田基地コミュニティでCOVID-19の陽性者はいませんでした。横田基地における現在の感染者数は、2名です。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

北関東防衛局より情報提供がありましたのでお知らせします。

令和3年4月13日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月10日から13日の期間、横田基地コミュニティの人員1名が、COVID-19に陽性であることがわかりました。横田基地における現在の感染者は、2名です。
当該人物は、公衆衛生課により陽性が確認され、米疾病管理予防センターの厳格な指導に従い隔離されています。
公衆衛生課は、既に当該人物の濃厚接触者全員に通知を行い、適切な処置をとっています。当該患者は、現在
米軍の医療提供者による医学的監視のもと、隔離されています。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊
急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性
を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、
感染者数が下げられます。

 

令和3年4月9日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月7日から9日の期間、横田基地コミュニティの人員1名が、COVID-19に陽性であることがわかりました。横田基地における現在の感染者は、2名です。
当該人物は、アメリカ合衆国から日本に入国し、渡航後の移動制限(ROM)を実施している最中に、入国時に受けたPCR検査が陽性であったと通知されました。当該患者は、在日米軍司令部の移動制限方針に従い、日本に到着後、直ちに移動制限に入っていました。
公衆衛生課は、既に当該人物の濃厚接触者全員に通知を行い、適切な処置をとっています。当該患者は、現在米軍の医療提供者による医学的監視のもと、隔離されています。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

令和3年4月9日付情報提供内容

横田基地広報部より、横田基地から横田基地関係者に宛てた「横田基地におけるコロナウイルスワクチンに関する最新情報」についての情報提供がありましたのでお知らせします。

横田基地広報部からの情報提供内容

我々(横田基地)のコミュニティの安全と健康が第一優先事項であることを皆さんに今一度、約束したいと思います。また、第374空輸航空団は、ワクチン接種を希望する全ての対象者が接種を受けられるよう、できるだけ早く十分な量のワクチンを入手するべく努力しています。同航空団がCOVID-19ワクチンを継続的に割り当てるにあたって、皆さんのご理解とご協力に感謝いたします。

ワクチンの情報
横田基地では近日中にジャンセン(ジョンソン&ジョンソン)製のCOVID-19ワクチンを受け取る予定ですので、ワクチン接種のローテーションに組み込んでいきます。横田基地では近いうちに、モデルナ製とジャンセン製の二種類のCOVID-19ワクチンを接種する予定です。
ジャンセン製のCOVID-19ワクチンは、米食品医薬品局による緊急時使用許可を与えられた単回投与型ワクチンです。同ワクチンは、18歳以上を対象とする使用が許可されています。同ワクチンに含まれる成分中の一つでも、重いアレルギー症状を発症したかたは、接種を控えてください。同ワクチンCOVID-19の重症化予防に優れ、有効性は接種後14日で76.7%、28日後には85.4%に達します。一般的かつ予想される副作用としては、注射部位の痛み、頭痛、倦怠感、体の痛み、吐き気および発熱があります。副作用は、接種後1~2日で解消されます。
モデルナ製COVID-19ワクチンは、米食品医薬品局による緊急時使用許可を与えられた二回投与型ワクチンです。同ワクチンは、18歳以上を対象とする使用が許可されています。同ワクチンに含まれる成分中の一つでも、重いアレルギー症状を発症したかたは、接種を控えてください。同ワクチンは、COVID-19に対し94.1%の有効性があります。一般的かつ予想される副作用としては、注射部位の痛み、頭痛、倦怠感、体の痛み、吐き気および発熱があります。副作用は、接種後1~2日で解消されます。

 令和3年4月6日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

4月3日から6日の期間、横田基地コミュニティのメンバーに、COVID-19の陽性者はいませんでした。横田基地における現在の感染者は、2名です。
一人一人の行動が、我々のコミュニティ全体に影響を与えますので、今後も皆が一体となって忍耐強く対応していただくようお願いします。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

令和3年4月2日付情報提供内容

横田基地広報部から以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

横田基地広報部からの情報提供内容

3月31日から4月2日の期間に、横田基地コミュニティの人員2名が、COVID-19に陽性であることがわかりました。横田基地における現在の感染者数は、4名です。
当該人物のうち1名は、アメリカ合衆国から日本に入国し、渡航後の移動制限(ROM)を実施している最中に、入国時に受けたPCR検査が陽性であったと通知されました。当該患者は、在日米軍司令部の移動制限方針に従い、日本に到着後、直ちに移動制限に入っていました。
他の1名は、公衆衛生課により陽性が確認され、米疾病管理予防センターの厳格な指導に従い隔離されています。
公衆衛生課は、当該人物の濃厚接触者全員に通知を行い、適切な処置をとっています。当該患者は、現在米軍の医療提供者による医学的監視のもと、隔離されています。
在日米軍司令部は今後も、日米地位協定が適用される全人員を対象に、厳重警戒レベルを維持し、公衆衛生緊急事態宣言を順守します。
基地のリーダーシップは、チーム横田ならびに周辺地域の安全を最優先にしながら、常にCOVID-19の危険性を監視および評価しています。皆さんには、謙虚に、思いやりを持って全ての防護対策を守っていただき、また、我々の地域を守るために努力をしていただき感謝します。
このメッセージに記載されている情報は、公表された時点における最新のものです。当該情報は、公表のタイミングおよび地域への報告に関する指針に基づいて行われる他機関からの報告内容と異なる可能性があります。
COVID-19に陽性であった人物が必要とされる隔離期間を終え、公衆衛生課が隔離を解除した時点において、感染者数が下げられます。

 

 

お問い合わせ先

企画部 基地・渉外担当(3階8番窓口)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線番号:2392)
ファックス番号:042-546-5496

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?