メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 事業者のかたへ > 商工業 > 届出申請 > セーフティネット保証制度5号認定

セーフティネット保証制度5号認定

更新日:2024年7月1日

令和6年7月1日以降におけるセーフティネット保証5号の運用見直しおよび認定申請書の様式変更について

  1. セーフティネット保証5号認定に係るコロナ前比較の取り扱いについて
    コロナ渦においては、最近1か月の売上高等とその後2か月間の見込みを含む3か月間の売上高等をもってコロナ前との比較による認定を可能としていましたが、こうした運用を終了する一方で、最近3か月の実績売上高等をコロナ直前の同期と比較する取り扱いを可能とする運用を開始します。

  2. セーフティネット保証5号に係る創業者等の認定について
    コロナ渦においては、コロナの影響を受けた創業者については、最近1か月と最近3か月の実績比較等が認められていますが、当該運用をコロナの影響を受けた事業者に限らず7月以降も延長されます。

上記1、2の運用変更に伴い、令和6年7月1日以降の認定申請分からセーフティネット保証5号の認定申請書の様式を変更していますので、以下内容をご確認のうえ、申請いただきますようお願いいたします。


セーフティネット保証制度とは

信用保証制度は、民間金融機関から融資を受ける際、信用保証協会が債務保証を行うことで、中小企業の皆様が融資を受けやすくする制度です。

セーフティネット保証制度では、売上高の減少、原油等の価格の上昇、円高の影響により経営の安定に支障を生じている中小企業の皆様について、一般の保証枠とは別枠で保証を受けられます。この保証制度は信用保証協会の80%保証です。(中小企業信用保険法第2条第5項第5号)

対象となるかた

全国的に業況が悪化している業種として「指定を受けた業種」(指定期間:令和6年7月1日から同年9月30日まで)(外部サイトにリンクします)に属する中小事業者であって、事業所の所在地が管轄する市町村長の認定を受けたかた。

 

【注意事項】

  1. 農林水産業、金融業など法令上の対象外業種を除きます。
  2. セーフティネット保証の指定期間とは、中小企業者の住所地を管轄する市区町村長に対して事業者が認定申請を行うことができる期間をいいます。
  3. 指定期間内に市区町村に認定申請を行った場合には、認定書の発行、及び金融機関又は信用保証協会へのセーフティネット保証の申込みが指定期間後であった場合でも、セーフティネット保証の対象となります。
    認定書の有効期間は認定の日から30日です。認定書の有効期間内に、金融機関又は信用保証協会へセーフティネット保証の申込みをすることが必要です。

制度のお問い合わせ先

関東経済産業局 産業部中小企業金融課
電話:048-600-0425(直通)

中小企業庁事業環境部金融課
電話:03-3501-1511(内線5271から5)
03-3501-2876(直通)
ファックス:03-3501-6861

5号(イ)の認定要件

以下のいずれかの要件を満たす中小企業者

通常の認定基準

企業全体について最近3か月間の売上高等が前年同期比のマイナス5%以上である中小企業者。

イー1
1つの指定業種に属する事業のみを営んでいる場合、又は営んでいる複数の事業全てが指定業種に属する場合


イー2
主たる事業が属する業種が指定業種である場合、又は最近1年間の売上高等が最も大きい事業が指定業種である場合


イー3
指定業種に属する事業の売上高等の減少が申請書全体の売上高等に相当程度の影響を与えている場合


弾力的な認定基準

新型コロナウイルス感染症発生に起因する場合、最近3か月間の売上高等が新型コロナウイルス感染症の影響を受ける直前同期で比マイナス5%以上である中小企業者。(注1)


注1)同感染症の影響が発生し始めた令和2年2月以降の月の売上高等は比較対象に入らない。

イー4
1つの指定業種に属する事業のみを営んでいる場合、または営んでいる複数の事業全てが指定業種に属する場合


イー5
主たる事業が属する業種が指定業種である場合、または最近1年間の売上高等が最も大きい事業が指定業種である場合


イー6
指定業種に属する事業の売上高等の減少が申請書全体の売上高等に相当程度の影響を与えている場合


創業者等の認定基準

前年実績のない創業者や前年以降店舗や業容拡大してきた事業者で、業歴3か月以上1年3か月未満の場合、最近1か月(注2)の売上高等と最近1か月を含む3か月の平均売上高等(注3)と比較し、マイナス5%以上である中小企業者。

注2)最近1か月の売上高等と各比較対象期間との比較が適当で無い場合は最近6か月の平均と各比較対象期間とを比較可能。
注3)3か月間の売上高が把握できない場合や実態を反映していない場合は、把握可能または実態が反映されている機関における平均売上高の3か月分とする。

イー7
1つの指定業種に属する事業のみを営んでいる場合、または営んでいる複数の事業全てが指定業種に属する場合


イー8
主たる事業が属する業種が指定業種である場合、または最近1年間の売上高等が最も大きい事業が指定業種である場合

  • 認定申請書・添付書類は産業活性課へ

イー9
指定業種に属する事業の売上高等の減少が申請書全体の売上高等に相当程度の影響を与えている場合

  • 認定申請書・添付書類は産業活性課へ


5号(ロ)の認定要件

指定業種に属する事業を行っており、原油価格の上昇により、製品等に係る売上原価のうち、20%以上を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、価格の引き上げが著しく困難であるため、最近3か月間の平均売上高に占める原油等の平均仕入価格の割合が、前年同期の平均売上高に占める原油等の平均仕入価格の割合を上回っている中小企業者。

  • 認定申請書・添付書類は産業活性課へ

保証限度の別枠化

普通保証

一般保証限度額:2億円、別枠保証限度額:2億円

無担保保証

一般保証限度額:8,000万円、別枠保証限度額:8,000万円

無担保無保証人保証

一般保証限度額:2,000万円、別枠保証限度額:2,000万円

保証料率

0.8%以下で、信用保証協会ごと及び信用保証制度ごとに定められています。一般保証と比べ、割安な保証料となります。

手続きの流れ

本店(個人事業主のかたは主たる事業所)所在地の市町村の商工担当課の窓口に指定期間内に認定申請書を提出(内容を証明する書類等を添付)し、認定を受け、希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付融資を申し込むことになります。
その後、金融審査を経て、融資及び保証の可否が決まります。
注:上記認定要件のハ.の場合、理由書の提出が必要です。

申請に必要なもの

(1)認定申請書(注釈1) 1部
(2)認定申請書添付書類(注釈1) 1部
(3)決算書及び確定申告書別表一の写し 1部(法人の場合)
(4)履歴事項全部証明書の写し 1部(法人の場合)
(5)青色申告書・白色申告書の写し 1部(個人の場合)
(6)許認可業種の場合は許認可証の写し 1部
(7)(1)・(2)記載の売上高等を月別に確認できる書類(注釈2) 1部

注釈1:認定要件に対応した書式に記入してください。
注釈2:売上台帳、試算表、損益計算書、売上比較表等(月別のもの)

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

市民部 産業活性課 産業振興係(2階4番窓口)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-4134(直通)
ファックス番号:042-541-4337

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?