メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 妊娠がわかったら > 東京都における分娩前ウイルス検査費用の助成と新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援について

東京都における分娩前ウイルス検査費用の助成と新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援について

更新日:2022年3月23日

東京都は、出産を間近に控え、希望する妊婦のかたが、新型コロナウイルス感染症のウイルス検査を受けていただく場合の検査費用の助成および、「新型コロナウイルスに感染した妊産婦に対する寄り添い型支援」を実施しています。

新型コロナウイルス感染症無症状の妊婦への分娩前ウイルス検査費用助成

新型コロナウイルの感染に不安をお持ちの無症状の妊婦のかたが希望する場合に、検査を受けることができ、その検査費用を助成します。本検査は希望する妊婦のかたを対象としており、全員が受ける必要はありません。

対象者

以下の条件のすべてに該当する妊婦のかた

  • 東京都に居住している(里帰りなどのため、他道府県において出産をするかたを含む)出産を間近に控えた妊婦のかた。(おおむね36週の妊婦のかた)医師の判断により、検査の時期が変わる場合があります。
  • 発熱の感染を疑う症状がないこと。発熱や咳などの風症状がある妊婦のかたは、かかりつけ医、または東京都発熱相談センター(外部サイトにリンクします)にご相談ください。
  • 濃厚接触の可能性のあるかたは、最寄りの保健所(昭島市の管轄は多摩立川保健所(外部サイトにリンクします))にご相談ください。
  • 過去に本事業または、類似の事業(ほかの地方公共団体の事業を含む)による検査費用助成を受けていないこと。
  • 費用や、検査方法・申請方法などについては、東京都福祉保健局ホームページ「新型コロナウイルス感染症に不安をかかえる妊婦及び御家族の方へ」(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

注:保険適応された検査は助成対象外です。

問い合わせ先

東京都福祉保健局少子社会対策部家庭支援課母子保健担当
電話番号:03-5320-4372

新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援

対象者

新型コロナウイルスの感染が認められた妊産婦で、健康面や出産後の育児などの相談、支援を希望するかた

支援内容

助産師や保健師などの専門職が、訪問や電話などで、妊産婦のかたの様々な不安や悩みをうかがい、専門的なケアや育児に関する助言や支援を寄り添いながら行います。


申込み・問い合わせ先

東京都福祉保健局少子化社会対策部家庭支援課母子保健担当
電話番号:03-5320-4368
ファックス番号:03-5388-1406 

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

少子社会対策部 家庭支援課 母子保健担当(03-5320-4372)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?