メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 【新型コロナウイルス感染症】陽性と診断され、自宅療養される妊産婦のかたへ

【新型コロナウイルス感染症】陽性と診断され、自宅療養される妊産婦のかたへ

更新日:2022年2月10日

新型コロナウイルス感染症で、陽性となった妊産婦さんは、原則として入院治療となりますが、症状が軽い場合や、家庭の事情により、自宅療養となった場合、助産師による健康観察の支援を行います。

対象者

都内に居住している妊婦または、産後2か月程度までの産婦で、新型コロナウイルス感染症の陽性と診断され、自宅療養されるかた。

費用

  • 無料(ただし、電話の通話料やオンラインの通信費などは、自己負担になります。)

利用方法

助産師による健康観察を希望されるかたは、かかりつけ産婦人科医療機関に、新型コロナウイルス感染症の陽性になったことを連絡し、最寄りの保健所(注1)にご相談ください。
(注1)昭島市の管轄は多摩立川保健所になります。電話番号:042-524-5171

支援内容

  • 原則として、療養解除日まで毎日、電話またはオンラインで健康状態をおたずねします。
  • 必要がある場合は自宅に訪問し、胎児の心音の聴取などを行います。
  • 様々な不安や悩みをうかがい、専門的なケアや育児に関する助言を行います。

詳しくは、東京都福祉保健局ホームページ「ご自宅で療養される妊産婦の方へ」(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

お問い合わせ先

感染症対策部 防疫・情報管理課 保健所連携支援担当(03-5320-4482)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?