メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > くらし・手続き > バス・駐輪場・交通 > 交通安全 > 自転車の事故に気を付けましょう

自転車の事故に気を付けましょう

更新日:2021年3月30日

近年、昭島市内では自転車に関する交通事故が多く発生しております。 自転車は、道路交通法上は「軽車両」となっており、違反すると罰則が科される場合がありますので、自転車を利用する際は交通ルールを守りましょう。

自転車の交通ルールについて

一時停止標識のある交差点の場合

 一時停止標識のある交差点では、停止線の直前で一旦停止し、左右の安全を確認した後に発進しなければなりません。また、標識はなくても見通しの悪い交差点では一時停止して、左右の安全確認をしてから進行しましょう。
なお、交差点を斜めに右折する方法は禁止されています。 

信号機のある交差点の場合

信号機の設置してある交差点で、歩行者用信号機及び自転車横断帯のない交差点を進行する場合、対面する信号機に従って進行することになります。歩行者がある場合は、歩行者の妨害とならないよう、自転車から降りて横断するようにしましょう。

歩行者用信号機(歩行者・自転車専用)、横断帯のある交差点の場合

歩行者用信号機の場合で「歩行者・自転車専用」と表示してある交差点内では車道ではなく、自転車横断帯を通行します。

左折車通行帯のある場合と各種信号機の表示

左折車通行帯のある車道において、その交差点を直進する場合は、直進車通行帯ではなく、左折車通行帯を直進するのが正しい通行方法です。後方から進行してくる車両等に注意して進行しましょう。
また、対面する信号機が赤色の場合には、停止線直前に停止しなければなりませんが、後方から左折車両が接近して危険を感じる場合には、自転車を押して歩道に上がりましょう。

電動アシスト自転車の事故にご注意ください

モーターがペダルを漕ぐ⼒を補助する電動アシスト⾃転⾞は、上り坂でも楽に⾛⾏できるなど便利な乗り物で、運転免許を返納した⾼齢者の新たな移動の⼿段としても普及が進んでいます。しかし、便利な反面、交通事故につながる危険性がありますので、その特徴を理解して正しく利⽤することが⼤切です。

急発進に注意しましょう

電動アシスト機能のスイッチを入れた状態では、ペダルを踏むとアシスト機能が働きます。
発進時や停止中に、意図しない急発進が思わぬ交通事故につながりますので注意しましょう。


両足を地面につけた状態で、スイッチを入れましょう

発進時は、平らで滑りにくい安全な場所を選び、自転車にまたがり両足を地面につけた状態で、電動アシスト機能のスイッチを入れてからペダルを踏みましょう。

急加速時と走行スピードに注意

電動アシスト自転車は、動き出してから短時間で加速し、スピードが出やすいのが特徴です。ペダルの踏み込み加減を調整して急加速を防ぐとともに、走行時のスピードの出しすぎにも注意しましょう。 

停⽌中は、ペダルに⾜を置かず、必ずブレーキをかけましょう

交差点などで⼀時停⽌や信号待ちによる停⽌中に、電動アシスト機能のスイッチを⼊れたままペダルに⾜を置いていて、意図しない誤発進や急発進により衝突した事故の事例もあります。停⽌中は、ペダルには⾜を置かず、両⾜を地⾯につけ、必ず両ブレーキをかけて誤発進を防ぎましょう。 

ヘルメットを着⽤して頭部への衝撃を防ぎましょう

⾃転⾞の交通事故死者の約6割は、頭部に致命傷を負っています。特に、同乗している⼦どもは、⾃転⾞から放り出される形となり、⼤きな衝撃を受けることになります。⾃転⾞の事故や転倒の被害を軽減するためには頭部を保護するヘルメットが有効です。運転者も同乗する⼦どももヘルメットを着⽤しましょう。

停⽌時は早めのブレーキを⼼掛けましょう

⾃転⾞は重量が重くなればなるほど、ブレーキをかけてから停⽌するまでの距離(停⽌距離)が⻑くなります。特に、下り坂や⾬天時など路⾯が滑りやすい場合は、スピードを抑えて早めにブレーキをかけましょう。

電動アシスト⾃転⾞と「ペダル付電動⾃転⾞」は別物です

電動アシスト⾃転⾞は、モーターのみで⾃⾛することはできず、あくまで⼈⼒をモーターが補助するものですが、モーターなどの電動により⾃⾛することできる「ペダル付電動⾃転⾞」は、道路交通法上の「原動機付⾃転⾞」に当たり、電動アシスト⾃転⾞とは全く違うものになります。
このペダル付電動⾃転⾞を道路上で運転するためには、法令上の条件を満たす必要がありますので、注意が必要です。
詳しくは「ペダル付電動⾃転⾞」の⾛⾏(使⽤)に注意してください︕(警視庁のページ)(外部リンク)をご覧ください。

お問い合わせ先

都市整備部 交通対策課 交通安全係(5階1-L番窓口)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線番号:2504、2508、2509)
ファックス番号:042-541-4336

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?