メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > 文化・スポーツ > 文化財 > 埋蔵文化財の保護

埋蔵文化財の保護

更新日:2016年5月11日

市内には、史跡(「周知の埋蔵文化財包蔵地」は関連ファイルからダウンロードしてご覧下さい)が現在46ヶ所あります。

遺跡は私たちの祖先が残した貴重な文化財ですが、近年開発事業の増加により

急速に失われつつあります。

そこで、国では開発行為と遺跡保護との調整を図るため、文化財保護法により

諸手続きを定めています。

土木工事等の計画がある

土木工事・建築工事の計画がある場合は、早めに教育委員会社会教育課に遺跡

(周知の埋蔵文化財包蔵地)に該当しているかを必ず確認してください。

 確認の方法

  1. 窓口で確認(窓口に遺跡地図を用意してあります)
  2. Faxで地図を送付して確認(電話での確認は、行き違い等がありますのでなるべくご遠慮ください)

注:東京都ホームページの遺跡地図(関連リンクからダウンロードしてご覧下さい)でもご覧いただけますが、包蔵地が変わることもありますので、必ず窓口で確認してください。

包蔵地内での土木・建築工事

(周知の埋蔵文化財包蔵地内で土木・建築工事を行う場合)

1 埋蔵文化財発掘の届出書を工事着手60日前までに東京都教育委員会に届け出なければなりません。届出の受付は市教育委員会で行っています。

なお、届出書類等は市の窓口でお渡ししています

届出書類

(1)埋蔵文化財発掘の〔届出・通知〕について

注:「届出〔表〕」「届出〔裏〕」ダウンロードできます。(関連ファイルからダウンロードしてご覧下さい。)

(2)添付書類

1.宅地造成を行う場合

案内図・宅地造成図

2.住宅等を建築する場合

案内図・敷地図面・建物配置図・建物平面図(2階以上は不要)

建物立面図・基礎伏図・基礎断面図

埋蔵文化財発掘の届出と図面等の添付書類をA4に縮小したものを

2部提出してください。また、縮小しない図面を別に1部ご用意ください。

2 東京都の指示に基づき、申請者と市教育委員会の間で方法・日程等の協議を行い調査の方法を決定します。調査方法には下記の種類があります。

(1)発掘調査

(2)立会調査

(3)慎重工事

(4)確認調査・試掘調査

工事中に埋蔵文化財を発見したら

周知の埋蔵文化財包蔵地の範囲外でも、工事中に遺構や遺物を発見した時は、現状を変更せず、すぐに市教育委員会へご連絡ください。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

生涯学習部 社会教育課 文化財担当(2階4番窓口)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線番号:2259)
ファックス番号:042-541-4337

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?