メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > くらし・手続き > 住まい・生活 > 自治会・市民活動 > 自治会 > 新型コロナウイルスに対する自治会等の定期総会等への対応について

新型コロナウイルスに対する自治会等の定期総会等への対応について

更新日:2021年3月18日

 

 新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない状況の中、昨年より定期総会の開催について多数お問い合わせをいただいております。
 開催については、各自治会で決めていただくものですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の手法として、書面表決により議決する方法もございます。参考にしてください。
 また、会合等を開催する際には、引き続き密閉、密集、密接を避けていただき、手指の消毒やマスクの着用など、適切な感染対策を講じていただけるよう、ご配慮をお願いいたします。
 なお、現在提出をお願いしております、自治会補助金に係る書類につきまして、総会等の都合により期限(令和3年5月21日)までにご提出できない場合は、事前にご相談ください。

 

書面表決や委任状の活用について

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、多くのかたが集まらずに総会を開催するには、次の方法があります。

  • 書面表決:総会に出席せずに書面で議決権を行使する方法です。
  • 委任状の活用:自治会員から委任状の提出を受け、役員等のみの少人数で開催する方法です。


なお、複数のかたが集まって開催する際には、次の感染拡大を防止する対策へのご配慮をお願いいたします。

  1. 入口で参加者の体調チェックを実施する。
  2. 体調が悪いかた、または基礎疾患をお持ちのかたは、参加についてあらかじめご検討いただき、咳のみの場合にはなるべくマスクの着用をしていただく。
  3. マスクを着用する。
  4. 会場の入口に手指消毒剤を設置する。
  5. 密閉空間が続かないよう、こまめに換気を行う。
  6. できるだけ短時間で行う。

書面表決の進め方

一例になりますが、書面表決の進め方についてご案内します。

  1. 「定期総会書面表決の通知文」「議案書」「書面表決書」を自治会の会員に配付する。
  2. 会員から「書面表決書」を提出してもらう。
  3. 書面表決を集計する。
  4. 結果を会員に報告する。

認可地縁団体(法人格のある自治会)について

認可地縁団体(法人格のある自治会)につきましては、地方自治法の規定により年に一度、総会の開催が必要となりますが、上記の方法などをご検討いただき、会員のかたの安全に配慮したうえで、ご判断をお願いします。

お問い合わせ先

市民部 生活コミュニティ課 市民活動推進係(2階10番窓口)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-4132(直通)
ファックス番号:042-544-6440

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?