メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

予算・決算・事業年報

更新日:2020年11月12日

予算

令和2年度予算のあらまし

水道事業基本計画で定めた3つの目標に従い、本年度も着実に事業を推進します。
「安全な水道」としては、引き続き老朽化した水質検査機器を買い換え、自己検査体制の充実を図ります。
「災害時にも頼れる水道」としては、新たな災害時対応計画を策定して危機管理体制の強化と充実を図ります。また、管路網や中央配水場の耐震化、自家発電機能の強化など水道施設の強靭化を図るとともに、万一の備えとして、給水タンク用加圧ポンプ等応急給水用資機材を購入します。
「持続可能な水道」としては、水源井のしゅんせつ・改修を行うとともに、深層地下水の保全と水質の安全管理のため、昨年度に引き続き深層地下水流動調査を実施します。
なお、本年度は、年間総給水量1,253万4,333立方メートル、1日平均3万4,341立方メートル、市民1人当たり1日297L相当の給水を想定しています。

令和2年度予算のあらまし

過去の予算書は関連ファイルをご参照ください。

決算

令和元年度決算のあらまし

水道事業の会計は、複式簿記を採用しており、「資本的収支(資本勘定)」と「収益的収支(損益勘定)」の二本立てで予算を編成し、決算を行っています。
「資本的収支」は、水道施設の整備や機械の購入など事業を持続していくために必要な将来への投資に関する取引を対象とし、当年度の投資額とその財源を表します。
令和元年度の資本的支出は、図のとおり、管路網の整備・耐震化、水源井のしゅんせつ改修などに要した工事請負費等4億700万円のほか、過去の建設改良事業に充てた借入金の返済(企業債償還金)に2,129万円を支出し、その他の支出を加え総額で5億3,217万円を支出しました。また、その財源である資本的収入は、市等負担金1,658万円で、収支の不足額5億1,559万円は、新たな企業債の借入れをすることなく、自己資金で補填しました。このため、企業債残高は2,168万円(市民1人当たり191円)となり令和3年度には完済できる見込みです。
資本勘定の収支不足額を補填する自己資金には、次の「収益的収支」で説明する減価償却費等の損益勘定留保資金と純利益を積み立てた建設改良積立金が充てられますが、令和元年度決算では損益勘定留保資金の一部だけで補填することができました。
もう一つの「収益的収支」は、事業活動による収益と、収益を得るために必要な費用に関する取引を対象とするもので、収入と支出の差引額は、純利益又は純損失としてその年度の経営成績を表します。また、「資本的収支」に計上された建設改良費等の投資額とその財源となる負担金、補助金は、それぞれ法令に定められた年数に分割されて、次年度以降の「収益的収支」において、投資額は減価償却費(費用)として、負担金、補助金は長期前受金戻入(収益)として計上されます。
令和元年度は、右上の図のとおり収益的収入が18億437万円に対して収益的支出が13億1,088万円で、差引き4億9,349万円の純利益となりました。前年度との比較では、収入は給水収益が3,184万円減少しましたが、退職給付引当金の繰戻額を特別利益に計上したため事業収益総額で424万円の減収にとどまりました。支出では、費用の支出抑制に努め事業費総額で1,433万円の減少となりました。この結果、純利益は1,009万円の増益となりました。
昭島市は、清浄な地下水に恵まれ、低コストで高品質の水道水を供給しています。いつまでも安定して水道水を供給できるよう、業務の効率化と適切な施設投資に努め、健全経営を維持してまいりますので、今後も節水と水道料金の納期内納付に市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

令和元年度決算のあらまし


過去の決算書は関連ファイルをご参照ください。

事業年報

昭島市水道部の事業内容をまとめた事業年報を作成しています。
事業年報は関連ファイルをご参照ください。


AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

水道部 業務課 業務係
郵便番号:196-0025 昭島市朝日町4-23-28
電話番号:042-543-6111
ファックス番号:042-543-6118

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?