メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
昭島市

トップページ > くらし・手続き > 防災・消防 > 災害に備えましょう > 昭島市洪水・土砂災害ハザードマップ

昭島市洪水・土砂災害ハザードマップ

更新日:2021年6月8日

 令和元年12月に東京都が公表した残堀川流域浸水予想区域図の改定等を受けて、平成29年3月に発行した「昭島市ハザードマップ」を「昭島市洪水・土砂災害ハザードマップ」に改定し、令和2年6月末に全戸配布しました。洪水や土砂災害の被害を最小限にするためには、市民の皆様が日頃から自宅やその周辺が多摩川洪水浸水想定区域及び残堀川流域浸水予想区域並びに土砂災害警戒区域等に入っていないか確認しておくことや、安全な避難先として親戚や知り合いの家、最寄りの公共の避難場所やその避難経路について把握しておくなど、災害が起きる前に正確な情報を知っていただくことが何より重要です。このマップを活用していただき、水害や土砂災害時の避難行動等にお役立てください。なお、災害対策基本法等の改正により、令和3年5月20日から警戒レベル4の「避難勧告」及び「避難指示(緊急)」が「避難指示」に一本化する等避難情報が変わりました。詳しくは下記画像ファイル及び「【重要】大雨等による災害時の「警戒レベル4」の避難情報が「避難指示」に一本化されました」をご確認ください。

昭島市ハザードマップ(地図面)
(クリックすると拡大されます。高解像度版は関連ファイルをご覧ください。)PDF:3.3MB

hazardmapzyouhou.jpg
(クリックすると拡大されます。高解像度版は関連ファイルをご覧ください。)PDF:1.3MB
hinanzyouhou2.JPG
(クリックすると拡大されます。)PDF:0.4MB
hinanzyouhou1.JPG
(クリックすると拡大されます。)PDF:0.8MB

主な改定内容

  • 残堀川流域浸水予想区域図の改定
    改定前)対象とした降雨平成12年9月東海豪雨(総雨量589ミリメートル、時間最大雨量114ミリメートル)
    改定後)対象とした降雨想定し得る最大規模の降雨(注)(総雨量690ミリメートル、時間最大雨量153ミリメートル)
    (注)想定し得る最大規模の降雨とは、1年間にその規模を超える降雨が発生する確率が概ね1,000分の1以下の降雨となります。

  • 土砂災害警戒区域等の指定(令和2年7月1日現在)
    指定場所 昭島市拝島町、田中町、大神町、宮沢町、中神町、福島町、郷地町
    指定箇所数 警戒区域37箇所(うち特別警戒区域32箇所)

  • 警戒レベルを用いた避難情報の発令
    平成31年3月に内閣府(防災担当)が公表した避難勧告等に関するガイドラインの改定を受けて、水害や土砂災害について、市が出す避難情報と、国や都道府県が出す防災気象情報を5段階に整理しました。
  • マイ・タイムラインの作成
    マイ・タイムラインとは、いざというときにあわてることがないよう、避難に備えた行動を一人ひとりがあらかじめ決めておくものです。本ハザードマップ等で風水害からの避難に必要な知識を習得しながら、家族で話し合って、マイ・タイムラインを作成することにより、適切な避難行動を事前に整理できるようになっています。
  • その他
    紙面のサイズを大きくすることで地図を見やすくし、掲載する防災情報を増やしました。
    改定前)A2(折込サイズA4)
    改定後)A1(折込サイズA4)

配布について

令和2年6月末に全戸配布しました。転入されたかた等へは市民課で配付するほか、防災課の窓口等でも配付します。

その他

本ハザードマップの情報面に掲載されている「その他の機関からの情報の収集方法」の「Yahoo!防災速報」のパソコンや携帯電話でのメール(メール版)については、新規登録を令和2年10月30日をもって、提供を令和3年1月31日をもって終了することとなりましたのでお知らせいたします。「Yahoo!防災速報」のスマートフォンアプリについては、引き続きご利用いただけます。

不動産業者の方からよくある質問について

Q1 水防法に基づくハザードマップですか?

水防法に基づいたハザードマップです。

Q2 ハザードマップはどのハザード情報に対応していますか?

洪水(外水)

対応しています

雨水・出水(内水)

国土交通省が想定した「多摩川洪水浸水想定区域」は対応していません(想定データがないため)

東京都が想定した「残堀川流域浸水予想区域」の区域は対応しています

国土交通省と東京都の区域の見分け方は、Q4をご覧ください

高潮 対応していません(高潮被害が想定されていないため)

土砂災害警戒区域

対応しています

都建設局のHP(外部リンク)で確認してください

急傾斜地崩壊危険区域

対応していません(該当区域が市内にないため)

急傾斜地崩壊危険箇所

掲載していません

都建設局のHP(外部リンク)で確認してください

Q3 浸水のデータは、水防法に基づくものですか?

国土交通省が想定した「多摩川浸水想定区域」の区域は水防法に基づくものです。
東京都が想定した「残堀川流域浸水予想区域」の区域は水防法に基づかない、都独自の取り組みです。
国土交通省と東京都の区域の見分け方は、Q4をご覧ください

Q4 国土交通省の想定した区域と東京都が想定した区域はどうやって見分ければいいですか? 

国土交通省の多摩川洪水浸水想定区域は地図上の左下の「浸水深の目安(多摩川)」をご確認ください。
東京都の残堀川流域浸水予想区域は地図上の右下の「浸水深の目安(残堀川)」をご確認ください。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

総務部 防災課 防災係(1階)
郵便番号:196-8511 昭島市田中町1-17-1
電話番号:042-544-5111(内線番号:2186から2188)
ファックス番号:042-544-7552

メールでお問い合わせ

お問い合わせ先

多摩川洪水浸水想定区域図について
国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所
電話:045-503-4000
残堀川流域浸水予想区域図について
東京都建設局河川部計画課中小河川担当
電話:03-5320-5414
土砂災害警戒区域(東京都内)について
東京都建設局河川部計画課土砂災害対策担当
電話:03-5320-5394・5429

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?